せきが出る女性と花粉
公開履歴
せきが出ている女性

アレルギーは少し前までは小さな子どもがなることが多かったのですが、近年では大人であっても発症することがあり、注目されている症状でもあります。アレルギーの種類と症状には、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などがありますが、命に関わってしまうものも中にはあります。花粉症の場合アレルギー性鼻炎が主症状となることが多く完全に良くなることは少ないですが、原因となる花粉の種類を知ることで症状は軽くなります。

花粉症だけじゃない!種類豊富なアレルギー

アレルギー症状と聞くと花粉症を思い浮かべますが、アレルギーの代表的な種類にはアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、気管支喘息やアレルギー性結膜炎といったものがあり、どれもアレルゲンが原因となってさまざまな症状を引き起こしています。これらは即時型と呼ばれており、即時型はこのほかに、アナフィラキシーショックや蕁麻疹、食物アレルギーがあります。

人間は免疫機能によって、体の中に侵入した花粉や細菌、ほこりといった異物を排除しようとしますが、その時に抗体ができ、次に侵入してきたときに対応できるようになっています。ですが、花粉や食べ物といった体にとって無害である物も、2回目に侵入した時に過剰に反応してしまうことがあり、それがかゆみや鼻水といったアレルギーの症状となって現れてきます。

気管支喘息であれば、気管支部分に炎症を起こします。気管支が狭まってしまうため息苦しさを感じ、少しの刺激に対しても咳が出てしまうのが特徴です。アレルギー性結膜炎の場合は、目の粘膜に花粉などのアレルゲンが付着した際に反応してかゆみや目やにといったものを引き起こします。気管支喘息は小さな子どもに多く起こり、気管支喘息がある程度収束すると次はアレルギー性鼻炎や結膜炎に移行していくことがあります。

アトピー性皮膚炎は、ダニやほこり、ペットの毛などに反応して、体のあちこちがかゆくなることが多いです。乾燥する季節には特にひどくなる傾向があり、あまりのかゆさに無意識で体をひっかいてしまい、出血することもあります。アトピー性皮膚炎の場合はそのひっかき傷から細菌などが入り炎症を起こすこともあるので、注意が必要です。アトピー性皮膚炎もまた、子どもに多く大人になると治ることが多かったのですが、近ごろでは大人になっても治らなかったり、大人になって再び発症したりすることが増えています。

アレルギー症状は種類がたくさんあり、自己免疫性溶血性貧血や全身性エリテマトーデス、新生児溶血性黄疸もアレルギーの一つとして考えられています。そして何かに触れることがきっかけとなる接触性皮膚炎や橋本病も遅延型のアレルギー症状です。アレルゲンの種類によって出てくる状態も異なり、症状も違うので、一口にアレルギーといっても人によって出方が全く違います。

食物アレルギーでは体の変化として重篤になる傾向があり、アレルゲンとなるものを食べると、とたんに体に発疹が出たり息苦しさを感じたりします。主に卵や牛乳、小麦粉、カニやエビといった甲殻類、そばがあります。そのままにしておくと呼吸困難を引き起こすこともあり、最悪の場合は命にかかわってしまうことも出てきます。

そして花粉症の人は特定の食べ物を食べると口腔内に反応が起き、イガイガ感や違和感を覚えることがあります。スギがアレルゲンの場合はトマトに、夏の花粉であるイネ科の植物はメロンやスイカ、キウイフルーツに反応することが多く、秋のブタクサはウリ科の食べ物やバナナに反応してしまいます。ですが、やはりスギにアレルギーがある人すべてが発症するわけではありません。

アレルゲンとなるものは多数あって、しかも反応する人もいればそうでない人もいますし、今まで反応していなかったのに、急に反応し始めたというケースもあります。遺伝的要素やその時の体調、気候の変化によっても体の反応は変わってくるので、対処の仕方が難しいものとなっています。

★原因から見るアレルゲンの生息地★

アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎はいろいろなことが要因で起こっています。その要因は食べ物であったり物であったり、遺伝であったりと人によってさまざまですが、多いのは食べ物となります。

きっかけとなる食べ物には、小さい子どもであれば卵、牛乳、小麦粉です。この三つは3大アレルゲンとも言われており、これらの食べ物を食べるとアナフィラキシーショックを起こす可能性も高いです。給食などでも除去されたものを食べる必要があり、薬を服用するか少しずつこれらの食べ物に慣れていくようにすることが大切です。

このほか大人が出やすいものに、りんごや桃といった果物や、エビやカニといった甲殻類があります。エビやカニは食べると口の周りが赤くなることが多く、かゆみを生じることもあります。多くの食品には、エビやカニが生息している地域で取っています、などの表示がされており、実際にこれらの食べ物が含まれていなくても、同じ場所で加工している場合は含まれてしまっている可能性もあるので、表示をしっかり見なくてはならないのです。

同じような表示の仕方にそばと小麦粉があります。うどんはそばと直接の関係はないのですが、同じ場所で作られていることがあり、このような表示がされることがあります。食品そのものに含まれていなくても同じ場所で作っていることから、たとえほんの少しであっても口にするとアレルギーが発症してしまうので気を付けなくてはなりません。

アレルゲンとして次に多いのはダニです。ダニは暖かくじめじめとした環境を好むので、梅雨時期に多く発生します。発生する場所はベッドの下などの寝具やマットの下、カーテンやお風呂場となっており、ありとあらゆるところに実は生息しています。

ダニから排出される糞も要因となるのですが、ダニの死骸も要因となることが多いです。ダニの種類によって若干の違いはあるものの、多くのダニは寒くなる秋になると死滅します。それをそのままにしておくと空気中に舞い上がり、吸い込んだり皮膚にくっついたりして現れてくるのです。1年を通してダニには気を付けなくてはならないのでしっかりと掃除をするようにしてください。

花粉に関してはその花粉の種類によって発生時期も生息地も違います。2月中旬から飛ぶスギやヒノキは北海道ではあまり飛散しなくて、北海道においてはシラカバの花粉が影響を及ぼします。これらの花粉はだいたい5月の終わりには飛ばなくなるのですが、7月になると今度はイネ科の植物の花粉が飛び始め、さらに9月ごろからはヨモギとブタクサが飛び始めます。

ただ、イネ科の植物やヨモギ、ブタクサはスギ花粉のように遠くに飛ぶことはできません。そのため近づかなければさほど影響を受けることはないのです。ヨモギやブタクサが生息しているのは、土手や公園、道端です。意外と身近な場所で生息しているので、公園に行くときはそれらの植物がないかどうか確認をするようにしてください。

ダニの場合は掃除機で吸い取る、ダニをすぐに取り除けるよう寝具はさらりとした生地にする、といったことである程度体が反応するのを防ぐことができます。花粉においてもむやみに山の中や草むらに入らない、家の中に入る前には花粉をさっと払い、家の中に持ち込まない、外出するときはマスクをするということが大切です。ダニのように花粉の場合も、つるつるとした生地の服を着るとさっと花粉を落とすことができます。

記事一覧
アナフィラキシーってどんな症状なの?

薬や特定の食べ物、蜂や運動などが原因となり、呼吸困難などショック状態に陥ることがまれにあります。これ...

2020年05月04日
目がかゆいときはアレルギー性結膜炎を疑ってみよう

花粉の時期になると目がかゆくなることがあります。目がかゆくなるのは、目の表面部分に花粉やハウスダスト...

2020年03月25日
急増する大人の食物アレルギーとは?

フードアレルギーは子供に多いと思われていますが、実は大人もなりやすい症状でもあります。今まで食べてい...

2020年03月05日
アトピー性皮膚炎はなぜ起こるのか?

小さな子供に多いアレルギーの症状にアトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低...

2020年04月09日
大人も子供も要注意!気管支喘息の症状と原因

気管支喘息は、慢性的に気管支に炎症が起きている状態で、気道の粘膜が腫れています。炎症が起きているので...

2020年02月15日
毎年悩まされる花粉症を予防・治療する薬とは?

花粉症は毎年同じような時期に発症します。特にスギ花粉に悩む人は多く、花粉の飛散情報があちこちで流れて...

2020年01月27日