• ホーム
  • 毎年悩まされる花粉症を予防・治療する薬とは?

毎年悩まされる花粉症を予防・治療する薬とは?

2020年01月27日
せきが出る女性

花粉症は毎年同じような時期に発症します。特にスギ花粉に悩む人は多く、花粉の飛散情報があちこちで流れています。一回花粉症になるとその後、完治することは難しいので、できるだけ症状を軽くする方法を考えなくてはなりません。

花粉の飛散前から行う花粉の予防対策として、抗ヒスタミン薬を使用する方法があります。抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類がありますが、特に使用されるのはジルテックやクラリチン、ザイザルやアレグラといった薬です。これらの薬は特にアレルギー性の鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎といった症状に効果があります。

ザイザルはジルテックのジェネリック医薬品で、レボセチリジン塩酸塩が主成分の薬です。抗ヒスタミン薬の中でもザイザルとジルテックは副作用として眠気が起きやすいのですが、効果が高く症状が出た場合でも比較的早くに症状を抑えることができます。ザイザルとジルテックは就寝前の服用となりますが、眠気があるため車の運転はできるだけ控えるようにします。

アレグラは市販薬もあり、宣伝もされているため有名な薬でもあります。市販薬と処方薬には違いがあり、市販薬には皮膚のかゆみを止める作用はありません。成分は同じですが、こういった効果はないので、皮膚のかゆみがある場合は処方薬を使用すると良いでしょう。主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、1日に2回朝と夕方に服用をします。

クラリチンは1日1回1錠服用することで花粉症の症状を和らげることができます。ほかの薬との違いは服用する時間帯を自分で決められる点で、毎日同じ時間帯であれば、就寝前でなくても服用できます。市販のものは、噛み砕いて服用するチュアブル錠のものもあるので、外出先でも簡単に服用でき、飲み忘れを防ぐことが可能です。

クラリチンもアレグラも副作用が出にくい薬で、眠くなりにくい特徴があります。特にアレグラは出にくく、集中力が途切れることもありません。それぞれ少しずつ薬の特徴が異なるので、自分の生活スタイルや症状に合わせて選ぶと良いでしょう。

なお、これらの薬は花粉の飛散前から服用することによって花粉症の予防になり、発症を軽減することができます。まったく抑えるということはできませんが、発症してから服用するよりも予防として飛散前から服用したほうが症状は軽いです。服用開始は花粉が飛ぶ2週間前ほどからなので、花粉の飛散情報をチェックして、適切な時期に医療機関を受診し処方してもらうようにします。

関連記事
アレルギー検査を受けて自分にとってのアレルゲンを知る方法

アレルギーが、何がきっかけとなって起こるのかは人によって異なります。アトピー性皮膚炎であればそのアレルゲンがダニ、もしくはほこりやペットの毛だとわかるのですが、食物アレルギーや花粉症の場合、何に反応しているかわからないことがあります。このようなときはアレルギー検査を行うと良いでしょう。アレルギー検査...

2020年06月11日
アナフィラキシーってどんな症状なの?

薬や特定の食べ物、蜂や運動などが原因となり、呼吸困難などショック状態に陥ることがまれにあります。これをアナフィラキシーショックと呼びます。アナフィラキシーは全身に出てくる症状で、体のさまざまな臓器に影響を与えます。皮膚や粘膜、消化器や呼吸器、循環器と命にかかわる部分に症状が出るのが特徴で、これらのう...

2020年05月04日
目がかゆいときはアレルギー性結膜炎を疑ってみよう

花粉の時期になると目がかゆくなることがあります。目がかゆくなるのは、目の表面部分に花粉やハウスダストなどのアレルゲンが付着し、結膜に炎症を起こしてしまうからです。目のかゆみの他、充血や目やに、涙が異常に出る、瞼の裏にぶつぶつができるといったことが起こります。何らかの細菌に感染した場合、目やには黄色く...

2020年03月25日
急増する大人の食物アレルギーとは?

フードアレルギーは子供に多いと思われていますが、実は大人もなりやすい症状でもあります。今まで食べていたのに、ある日突然口の中にかゆみを生じたり、頭痛やめまいが起きたりする場合はフードアレルギーになっている可能性が高くなります。大人のフードアレルギーは、食べてすぐに症状が出る即時性のものと、食べて数日...

2020年03月05日
アトピー性皮膚炎はなぜ起こるのか?

小さな子供に多いアレルギーの症状にアトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下し、かゆみや湿疹といったものができてしまう症状です。すぐに湿疹が良くなるわけではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴で、こういった症状が6カ月以上続くようであれば、慢性化していると判断さ...

2020年04月09日
大人も子供も要注意!気管支喘息の症状と原因

気管支喘息は、慢性的に気管支に炎症が起きている状態で、気道の粘膜が腫れています。炎症が起きているので痰が出やすく、気道が狭くなっていることから息苦しさを感じることも多いです。気管支喘息もまた子供に多い症状でしたが、近年大人でもなる人が増加している印象があります。気管支喘息は発作を起こすと独特の呼吸音...

2020年02月15日
アレルギー性鼻炎の種類を把握しよう!

アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜にハウスダストや花粉といったアレルゲンが付くことで炎症が起きる症状です。主に起こるのは鼻水や鼻づまり、くしゃみで、風邪やウイルスに感染した場合もこれらの症状は起こりますが、アレルギー性鼻炎と風邪やウイルスが原因の場合とでは、その出方に違いがあります。まず風邪やウイルスが原...

2020年01月15日